MEO対策は非店舗型でも行えます

MEO対策ではGoogleマイビジネスに登録します。登録することで店舗の情報を検索結果上位に表示してくれます。主に実店舗を持つ企業が目立ちますが実は実店舗がない企業でもMEO対策が可能です。

宅配ピザ屋は実店舗を持っていなくともGoogleマイビジネスに登録できます。飲食店だけでなく、コンサルティングなどの非店舗型サービスも同様です。ジャンルを問わずにMEO対策を行えるでしょう。

ただし、非店舗型サービスをMEO対策をする方法は店舗型と異なります。非店舗型サービスがGoogleマイビジネスに登録・MEO対策にするにははがきが必要です。まずはアカウント管理のためにオーナー確認を行います。

電話やメールで確認することもありますが稀です。通常ははがきでの登録となります。しかし、非店舗型サービスは店舗がないので郵送先もあります。はがきで認証を受ける方法はあります。まずは新しくポストを設置する方法です。

住んでいる家にまずはがきを送ってもらいます。はがきを郵送してもらえばオーナー登録に進めるので、ポストがなくても新しく設置すればOKです。はがきを受け取れれば登録は難しくありません。後は所定の登録を進めていきMEO対策していきましょう。

This entry was posted in MEOとSEO対策. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *